Categories: 旅行計画

旅行時に知っておくべきフレーズ

外国に旅行する場合は、出発前にその言語を知っておくことが常に望ましいです。 しかし、訪問する国の言語を実際に勉強する時間がない場合は、少なくとも旅行で役立ついくつかのフレーズを知っておく必要があります。 便宜上、推奨リストをカテゴリに分類しました。

ごあいさつ

旅行でよく使う最初のフレーズは挨拶です。 該当する場合は、正しい時刻を取得してください。 多くの言語には、慣れ親しんだ挨拶と正式な挨拶の両方があるため、相手をよく知っているかどうかに応じて、適切な方を使用してください。

• こんにちは!

• 大丈夫?

• 良い一日。

• おはようございます。

• こんにちは。

• こんばんは。

• おやすみ。

• お会いできて光栄です。

礼儀正しく

ほとんどすべての状況で使用する特定のフレーズがあり、英語を話さない人との会話中に礼儀正しく礼儀正しくする必要があります。

• お願いします…

• ありがとうございました…

• すみません…

• すみません…

• どう致しまして…

• 良い一日を過ごしてください…

• 安全に旅行する…

• 申し訳ありません。 理解できない。

輸送中

飛行機で外国に出入りする可能性が高いため、このセクションでは、空港で使用する必要があるフレーズに焦点を当てています。

• 飛行機は何時に出発/到着しますか?

• はどこですか [name of airline] チケットカウンター?

• をお願いします [water, food, etc.).

• Where is the gate for [name of airline]?

• お手洗いはどこですか?

• この手荷物はチェックする必要があります。

• この手荷物は機内持ち込み手荷物です。

• 今何時ですか?

通関業者と

いくつかのフレーズは、税関を通過するときに特に役立ちます。 丁寧な言い回しを忘れずに追加し、税関職員に対してできるだけ礼儀正しくしてください。

• 私は休暇中です [or business].

• 乗り継ぎ便に乗ります。

• 滞在予定 [number] 日の。

• 私は家族を訪問します。 [address].

•私はに滞在します [name of hotel].

到着したら

税関を通過して目的地に到着したら、知っておくべきさまざまなフレーズがあります。

• どこでタクシーを見つけることができますか?

• バス停はどこですか?

• このバスはどこへ行きますか?

• 外貨両替所はどこですか?

• に行きたいです [hotel or destination name].

• 私の部屋には専用バスルームがありますか?

• 私の部屋には何台のベッドがありますか?

• 私の部屋は何階ですか?

• をお願いします [number] ベッドをください。

• エレベーターはどこにありますか。

• 私の部屋を掃除する必要があります。

• 私は欲しい [clean towels, toilet paper, room service] お願いします。

観光

目的地に着いたら、これらのフレーズを使って移動したり、食事をしたり、地元の人々との短い会話を楽しんだりしてください。

• 食品市場はどこですか。

• 一番近いレストランはどこですか?

• 一番近いバーはどこですか?

• 銀行はどこですか?

• まではどれくらい離れていますか [name of destination]?

• テーブルが必要です [number of people] お願いします。

• メニューを見せて頂けますか?

• をお願いします [food or beverage] お願いします。

• 小切手をお願いできますか?

緊急事態

残念ながら、緊急事態はどこでも発生する可能性があります。 これらのフレーズを使用して、必要なヘルプを取得してください。

• 助けが必要です。

• 私の友人が助けを必要としています。

• 病院はどちらですか?

• 医者が必要です。

• パスポートを紛失しました。

• 誰かが私のお金を盗みました。

• ヘルプ!

訪問する国の言語に慣れているほど、より良いものになります。 しかし、いくつかの重要なフレーズを知っていても、外国をナビゲートしてそこを楽しむときは、大きな利点になる可能性があります. 最も重要なことは、他の人々や彼らの習慣や文化に対して礼儀正しく敬意を払うことです。 外国を訪問するとき、あなたは多くの点で米国を代表していることを忘れないでください。そのため、最善を尽くすことは、個人としてのあなただけでなく、あなたの出身国にも反映されます.

Share
Published by
Amy Matthews

This website uses cookies.